CASE STUDY

カテゴリー/産廃(特管) 臭化リチウム

本日、臭化リチウムの回収及び処分場施設への収集運搬を実施致しました。

今回は、弊社テフロンローリー車にて、クロム酸リチウム(アルカリ六価クロム)を収集運搬致しました。
吸収式冷凍機の撤去工事に伴い発生する廃棄物です。

クロム酸とリチウム(六価クロム)とモリブテン酸リチウム(普通アルカリ)の2種類がありますが、いずれも同価格にて処分までのご提案をさせて頂いております。

また、弊社のご提供する提案のメリットとして、

サンプルが無くても大丈夫
六価クロム廃液でも特に希釈する必要は無い
どのような荷姿でも対応可能
少量がからでも対応可能
処理提案価格が安い

となります。弊社が自信を持ってご提案できる廃棄物の1つですので、お困りの際は是非、お声かけ願います。

 

  • #臭化リチウム
PAGE TOP