CASE STUDY

カテゴリー/産廃(特管) アスベスト(石綿)が内在する機器の処理

先日、アスベスト(石綿)廃棄物の運搬及び処分のご提案をし、無事に回収作業を終了致しました。

 

通常、アスベストと言えば、建材系の梁等に使用されてるものを思い浮かべることが多いと思いますが、弊社で主に扱うものは、配管に使用されております保温材、フランジに使用されておりますパッキン、ヒーター、恒温器、乾燥機、インキュベーター、金庫、実験台等、身近ではあまり気が付かないものとなります。

 

弊社のご提案の特徴として、“機器や対象部品そのまま(アスベスト部分を剥離する必要が無い)”での運搬及び処分先のご提案が可能となります。

 

もちろん、収集運搬の際は、専用シートにてしっかり2重梱包し飛散防止対策を行います。知らずにスクラップや通常産廃として処理し、後で問題になるケースがございますので、迷われた際は、是非、一度ご相談下さい。

 

(ヒーター)

 

(乾燥機)

 

 

  • #アスベスト
PAGE TOP